ピル服用のメリット・デメリット【実体験】

ピル服用のメリット・デメリット【実体験】その他
この記事は約5分で読めます。

排卵日前後3日ほど下腹部がチクチク痛む排卵痛

生理前1週間はPMSで腹痛や胸のはり、イライラや気分の落ち込み

そしていざ生理が始まれば生理痛

もはや不調がない日の方が少ない!!!

 

20代も後半にさしかかり、だんだんと生理が重くなったような気がしています

あまりにも生理に振り回されているなと感じ、ピルの服用を決めました

そして今は、ほとんど生理に悩まされることはなくなり、快適な日常を送れる素晴らしさを実感しています

 

こんなにも楽になれるのに、日本ではピルを飲んでいる人は少ないですよね

鎮痛剤も効かなくて…と言いながら青い顔をして月経痛に耐えていたりする人をみると

「ピル=避妊」のイメージが強く、ピルの効果についてあまり知られていないのが原因かと思います

 

大〇でも、生理ちゃんバッジという試みがありましたが

もっと生理痛について考えてくれる企業が増えて

「生理はピルで緩和できる」「生理痛緩和できる保険適用のピルがある」ということがもっと広まれば、毎月生理痛に悩まされる女性も減るのではと思います

 

飲み始めるまでの私も、なんとなく生理痛にも効果があるとは知っていたものの

やはり避妊のイメージが強く、生理痛にピルはなんか大袈裟じゃない…?と思っていました

ピルは女性の健康で快適な生活を守ってくれますが、薬なので副作用もあります

今回はそんなピルのメリットもデメリットも知り、選択肢のひとつにしていただければと思います

スポンサーリンク

ピル服用のメリット

生理痛・排卵痛・PMSの緩和

ピルを飲むと排卵しなくなるため、排卵痛はなくなります

また、ホルモンが薬によってコントロールされ安定するからかPMSもなくなりました

驚くことにイライラすることも激減したのです!

生理痛は、はじまるとき多少の痛みはありますが、薬なしでも過ごせるくらいに緩和されています

また、排卵しないためか経血の量も少なくなるので、楽&早く終わるのも嬉しいです

生理によって振り回されない日々は控えめに言って世界が変わります

避妊

ピルを飲むと排卵しなくなるため、避妊にとても効果的です

しかし、排卵期周辺に毎日定時に飲めなくて…という場合はすり抜け排卵といって排卵してしまう場合もあるそうで、注意が必要です

また、ピルを飲んでいるからといってゴムをつけずにしてしまうと、性病や子宮頸がんの原因になるウイルスに感染する危険もあるので注意しましょう

Wで避妊すると妊娠の確率をさらに下げることが出来る上に、病気予防も出来るので安心です

生理の管理がしやすい

私の場合、飲み終わって大体2~3日で生理がきます

これが思った以上に便利なんです!

飲み終わる日もだいぶ前から分かっているので旅行や遊びの予定も立てやすいですし、お医者さんと相談して生理の日をずらすことも可能です

卵巣を休ませて、いざというとき妊娠しやすい身体に

20代のうちに卵巣を休ませホルモンをコントロールしておくことで、30代になってから妊娠したいときに良い卵子を残しておけるため、妊娠しやすいようです
(これについてはまだ体験できていませんが)

女性もばりばり働く方が増えている現代社会において、月経痛が重い方以外にもピルはメリットがありそうです

ニキビができにくい

私は元々あまりニキビができないので実感はしていませんが、ニキビができにくいというメリットもあるそうです!

肌が綺麗になるのは嬉しいメリットですね♪

スポンサーリンク

ピル服用のデメリット

お金がかかる

ピルを処方してもらうための通院費・お薬代が月に約1000円程かかります

また、定期健診などのお金もかかりますが、健康は大事なのでちゃんと受けておきましょうね

初期の副作用

飲みはじめて2ヶ月くらいは副作用に悩まされました

身体、特に脚が重く、毎日重りをつけて歩いているような感覚でした

飲み始めのこのような症状はよくあるそうで、身体がホルモンに慣れれば消えていくものらしく、私も3ヶ月目からこのような症状はなくなりました

生理痛・PMSの劇的な緩和を実感したのもこの時期です
(排卵痛は初月からありませんでした)

副作用が続く場合、ピルにはたくさんの種類があるのでお医者さんと相談しましょう

血栓症リスク

ピルを服用すると血栓症のリスクが上がるといわれています

医師による問診や血液検査を受け、同じく血栓症のリスクを上げる喫煙を控える

水分を意識的に摂るようにする、定期的な検診を受ける

手足のしびれ・言語障害(舌のもつれなど)・胸の痛み・めまい・頭痛などの前兆に気を付け、症状がでた場合はすぐに病院へ行きましょう

通院の手間

私は飲み始めに副作用があったのもあり、まだ自分に合ったお薬を探しているので1回の通院で2ヶ月分を処方してもらっていますが、もっと長期分出してもらえるところもあると聞くので、忙しい方はそういった病院を探してみてくださいね

2ヶ月に一度行くのはちょっと面倒に感じますが、ピルを飲まないと1ヶ月のほとんどを不調な身体で過ごすことになるので通うことにしています

メリット・デメリットを天秤にかけて判断しましょう

毎日定時に飲む必要がある

スマホのアラームやリマインダーを活用して、定時に飲めるようにしましょう

ものぐさな筆者でも続けられてるから意外と大丈夫ですw

万一飲み忘れてしまっても、その日のうちなら大丈夫だよとお医者さんが言っていました
(排卵期の飲み忘れは、先述のすりぬけ排卵のリスクがあるそうです)

スポンサーリンク

生理痛が重いならピルは試す価値アリ!

ピルにはメリットもデメリットもありますが、合わなければやめてしまうのは簡単なので、生理痛で悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか?

私は生活の質がグンとよくなったので、同じ悩みを持った方がひとりでも悩みから解放されるきっかけになれればと思います

 

【ブログランキング参加中】

↓ポチっと応援♡

【ブログランキング参加中】

↓ポチっと応援♡

その他
スポンサーリンク
ぽんをフォローする
ぽんぶろぐ。
タイトルとURLをコピーしました